寒波到来!!体もお財布もあったまる賢い暖房の使い方 その2

寒気到来!!体もお財布もあったまる賢い暖房の使い方 その1

寒くなってきましたね~というお話をさせていただいた前回、先日はなんと11月にもかかわらず東京で降雪が観測されました。

散々ニュースにもなっていたので皆さんも御存じかとは思いますが、11月に東京都心で降雪が観測されるのは54年ぶり。もちろんこれは今年の初雪で、これは平年(1月3日)よりも40日も早く、昨冬よりも49日も早いとのこと。

この日は灯油がめちゃくちゃ売れたんでしょうね~。いや、前日の方が売れてるかな?

さて、今回は賢い暖房の使い方シリーズ第二弾。暖房の光熱費についてお話していきたいと思います。

 

ストーブの電気代

一口にストーブと言っても様々な種類があります。

今回は、メジャーな「電気」・「石油」・「ガス」の3種類の光熱費を比較したいと思います。

今回比較対象としている機器は、価格.comにてこの記事を執筆段階(2016/12/05)での売れ筋商品である製品をチョイスしました。

 

石油ストーブの光熱費

ストーブと言えばコレ。やっぱり石油でしょう!!って思うのはもう古い人間なんですかね…

僕が子供のころにはまだまだ石油ストーブは現役で、やかんでお湯をわかしたりさつまいも焼いたりと大活躍だったんですが。最近石油ストーブはめっきり見なくなりましたね。

石油ストーブの売れ筋はコロナのRX-2215Y。順位はストーブ・ヒーター部門で31位という位置に。やはりストーブ自体が時代の流れに押されてあまり売れなくなってるのかもしれませんね。

参考:価格.com コロナRX-2215Y

取扱説明書を確認してみると、時間当たりの燃料消費量は0.218 L/h。

ガソリン・灯油情報NAVI調べによると、大阪府の灯油の店頭販売価格の平均は、11月28日の段階で18リットルで1,198円。

これらの情報を元に、石油ストーブの1時間当たりの光熱費を計算してみると

1,198円 ÷ 18リットル × 0.218リットル/時 = 14.51円

うん、安いですね!!

最近の原油安の影響が出ていると言うこともありますが、単純な時間当たりの光熱費で言うとかなり良い部類に入るかと思います。

 

電気ストーブの光熱費

電気ストーブの比較対象としてチョイスしたのはYAMAZENのDS-D086。価格.comで電気ストーブのカテゴリーにおいては一番の売れ筋商品です。

参考:価格.com YAMAZEN DS-D086

ただ、電気ストーブという商品自体があまり生産されていないようで、ストーブ・ヒーターというカテゴリーでは売れ筋ランキング65位という商品です。

本体価格が2,280円と非常にお手頃でお求めやすい半面、出力設定が800wで固定されているなど機能面では他の機種と比べて一歩劣るようです。

さて、本題の光熱費(電気代)ですが、電化製品の計算はご利用の電力会社の単価が分かれば簡単に計算できます。

今回は関西電力の従量電灯B、第3段階 28.33円/kw(税込)を元に1時間電気ストーブを使用した際の電気代を計算してみましょう。

800w(消費電力)× 28.33円/kw ÷ 1,000 = 22.66円

28.33円は、1kwあたりの電気代になりますので電気ストーブの消費電力と単位をあわせるために1,000で割っているわけですね。

 

セラミックファンヒーター(電気)の電気代

価格.comで調べると売れ筋商品はパナソニック製のDS-F1206。ヒーター・ストーブ部門で2位とかなり売れているようですね。

参考:価格.com パナソニックDS-F1206

最安値は6,750円。十分お手頃な価格と言えるんじゃないでしょうか?

こちらも28.33円/kwを元に電気代を計算してみましょう。

この機種は風量を弱と強の2段階に設定することができ、それぞれ弱:640w、強:1170wの消費電力となります。

●弱設定の場合
640w(消費電力)× 28.33円/kw ÷ 1,000 = 18.13円

●強設定の場合
1,170w(消費電力)× 28.33円/kw ÷ 1,000 = 33.14円

仮に6時間毎日強設定で使用したとして5,965円。結構バカにならない金額ですね。

 

ストーブとヒーターの違いは?

ところで皆さん、ストーブとヒーターの違いってご存知ですか?

石油や電気等、使用するエネルギーは違えど、もっとも大きなポイントとしては

・ストーブは本体の周辺を暖める
・ヒーターは部屋全体を暖める

という点になります。

設置している近辺を急速に温めたり、狭い範囲をあたためるのにストーブは向いていますが、部屋全体を暖めるのにはあまり適していません。

一方ヒーターは逆で、局部を温めるのには適していませんが部屋全体を暖めるのに適した暖房器具です。

つまり、効率的に暖かくなりたいのなら、

寒い部屋ではまずストーブをつけて温まり、その間にヒーターを入れておく

と言うのがベストな方法ですね。

 

 

さて、次回は暖房と言えばこれ!!エアコンに個人的に大好きなこたつの電気代についてご紹介させていただきます。

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です